黄 鼎軒

フリガナ コウ テイケン
名前 黄 鼎軒  HUANG TING HSUAN 
読解可能な外国語 中国語、台湾語、日本語、英語
研究テーマ 裁判員裁判における証拠採否裁量権の在り方
キーワード 裁判員裁判、証拠採否裁量権、台湾国民裁判官法
修士論文題目 少年司法の管轄、捜査及びダイヴァージョン―アメリカ少年法を中心として
博士論文題目 台湾国民裁判官法事件における証拠採否裁量権の在り方(仮題)
業績詳細 学会報告

  1. 台日政治、法律の現状と課題(東呉大学、近畿大学)、台湾における起訴猶予の概要、東呉大学(台湾)、2019年2月27日
  2. 関西犯罪科学研究会、台湾と日本の起訴猶予について、京都大学宇治キャンパス、2017年3月25日
  3. アジア犯罪学会第6回年次大会、少年のダイヴァージョン制度―台湾における少年事件に関する事例より、大阪商業大学、2014年6月27日

 

論文発表

  1. 付審判法制度の再構築ー市民公訴権の観点から、東呉法律学報32巻4号、台湾台北、査読あり(TSSCI)、4
  2. 法人犯罪に対する起訴猶予合意‧不起訴合意のあり方―アメリカ法を中心として、法令月刊69巻2号、頁32-81、台湾台北、査読あり、02
  3. 日本における刑事司法の新時代―公判協力型協議‧合意制度、法學叢刊62巻4号、頁35-65、台湾台北、査読あり、10
  4. 司法取引の検討と今後の課題、法學叢刊61巻2号、頁25-70、台湾台北、査読あり、04
  5. アメリカ少年法の手続きとわが国への示唆―ダイヴァージョンを中心として、警學叢刊44巻2号、頁147-176、台湾台北、査読あり、09-10
  6. 学園捜索、同意捜索及び少年事件―アメリカ法をめぐって、東呉法研論集8巻、頁139-183、台湾台北、査読あり、10
非常勤講師等の職歴 台湾東呉大学法学部非常勤講師(2016年-)
獲得した研究費 公益財団法人日本台湾交流協会2016年度招聘フェローシップ事業(招聘研究員、2017年1月12日~2月10日)

その他

2011年6月、東呉大学法学部(台湾) 卒業
2013年、台湾弁護士試験 合格
2014年6月、東呉大学法学研究科(台湾)博士課程前期課程 修了
2018年6月、東呉大学法学研究科(台湾)博士課程後期課程 修了