一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

田中美里

フリガナ  タナカ ミサト
名前 田中美里(Misato TANAKA) 
読解可能な外国語 英語、フランス語
研究テーマ フランスにおける「公序」
キーワード

国家理念、フランス憲法学、「デモ」(demonstration, manifestation)、表現の自由、集会の自由、欧州人権裁判所、欧州人権条約 

修士論文題目 「デモ」の自由と「フランス共和主義」 
業績詳細

論考:「フランスにおける『公序』とマニフェスタシオンの自由(1)(2・完)」、一橋法学第18巻第1号、第2号、査読あり、2019年3月、2019年7月
学会発表:①慶應義塾大学フランス公法研究会、「「フランス共和主義」と「デモ」の受容可能性」、慶應義塾大学三田キャンパス、2018年7月1日
② 慶應義塾大学フランス公法研究会「フランス憲法院判決における『公序』、慶應義塾大学三田キャンパス、2019年8月4日

非常勤講師等の職歴

明治学院大学特別ティーチングアシスタント(2017年度~2018年度)、東京経済大学TA(2017年度)、一橋大学「次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト」Global Future Leading Jurists(GFLJ)(2017年度~2018年度)、一橋大学留学生チューター(2017年度)、日本学術振興会特別研究員DC(2019年度〜) 

獲得した研究費  日本学術振興会特別研究員奨励費(2019・2020年度)、課題番号19J10609
留学経験等

2016年ICC国際商事調停世界大会に一橋大学より奨学金を得て出場。(この際には、付随して自身の研究活動を行った。) また、2018年一橋大学「次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト」より奨学金を得てフランス・パリへ研究留学をした。