一橋大学大学院法学研究科法学部

中国人民大学法学院・国立台湾大学法律学院
修士ダブルディグリー・プログラム

 1.プログラム概要
①プログラムスケジュール
本プログラム参加者は、法学研究科修士課程への入学後、4月~8月まで一橋大学で学修します。その後、9月からの1年間を人民大学または台湾大学で学修し、帰国後の9月~3月を一橋大学で学修します。

学年1年次2年次
学修期間 4月~8月 9月~翌3月 4月~8月 9月~翌3月
学修場所 一橋大学 人民大学
or
台湾大学
人民大学
or
台湾大学
一橋大学
※一橋大学による学位授与は2年次修了時の3月になります。
※人民大学と台湾大学による学位授与は、両大学の学暦に合わせ2年次修了後の翌6月頃になります。

 

 ②必要単位数

一橋大学
修了要件 30単位(演習及び研究指導含む)
修士論文審査及び最終試験合格(単位付与なし)
取得可能学位 修士(法学)

修了必要単位数30単位のうち、最大10単位分まで人民大学または台湾大学で修得した単位を認定することが可能です。

人民大学
修了要件 34単位
修士論文審査及び最終試験合格(単位付与なし)
取得可能学位 法学修士(J.M.、LL.M.または中国法LL.M.)

 

台湾大学
修了要件 24単位
修士論文審査及び最終試験合格(単位付与なし)
取得可能学位 法学修士

 

2.参加要件
本プログラム参加推薦を受けるためには、以下の要件を全て満たしている必要があります。

  中国人民大学国立台湾大学
対象者 ・一橋大学大学院法学研究科修士課程入学者。ただし、国際関係論、国際関係史、法言語論、グローバル・ネットワーク論を専攻する学生を除く。
・本プログラムの期間中に行われる留学に必要な費用を確保することができること。
・十分な英語能力。ただし、中国語LL.M.コース以外のコースに参加する場合は、HSK6級以上の中国語能力があること。
・一橋大学大学院法学研究科修士課程入学者。ただし、国際関係論、国際政治史、法言語論、またはグローバル・ネットワーク論を専攻する者を除く。
・本プログラムの期間中に行われる留学に必要な費用を確保することができること。
・中国語の会話および読み書きが堪能であること。
国籍 制限あり
中国本土・台湾、香港または澳門の居民(resident)でないこと。
制限なし
派遣人数 5名以下 5名以下

3.学費と諸費用
一橋大学から人民大学または台湾大学に派遣される学生は、留学先大学で学修している間も一橋大学に在籍し、学修の期間中、授業料その他の費用を一橋大学に納付します。一方、留学先大学は、一橋大学からのダブルディグリー参加学生の入学試験料、入学料、授業料を免除します。

4.その他
本プログラムの参加者は、留学中の大学寄宿舎の入居支援、および日本と中国・台湾の奨学金申請のための支援を受けられます。

5.参加方法
本プログラムに参加するには、一橋大学大学院法学研究科修士課程選抜試験に合格し、その後、研究遂行能力・語学能力その他について選考を受けて採用される必要があります。

6.本プログラムに関する問い合わせ先
一橋大学大学院法学研究科共同研究室
笠井(law-kk.g@dm.hit-u.ac.jp