江藤祥平教授が寄稿した『憲法訴訟の実務と学説』(渡辺康行 編)が刊行されました

江藤祥平教授が寄稿した『憲法訴訟の実務と学説』(渡辺康行編)が刊行されました

法学研究科の江藤祥平教授が寄稿した『憲法訴訟の実務と学説』(ISBN:978-4-535-52753-9)が日本評論社より刊行されました。(2023年12月)

 

江藤教授の執筆部分は、「第二部 憲法訴訟の理論と技術」中、「それでも基準は二重である?――『二重の基準』をめぐる政治力学」です。

 

※附属図書館に寄贈されています