博士後期課程学位論文題目(2020年度~)

2023年度

論文題目 ゼミ
BEPS プロジェクト後の移転価格税制の現在地と伝統的課題に関する研究:高度にデジタル化された取引の観点から 租税法
企業の分配にかかるハイブリッド課税構造の検討:配当課税・譲渡所得課税の複合によるバーチャルな株式譲渡損失創出の本質と問題 租税法

2022年度

論文題目 ゼミ
中小企業M&Aにおける金商法ルールの適用範囲:中小M&Aアドバイザリーの登録義務に関する比較法的考察から 会社法・金融法
金融セーフティネットの再構築 :市場規律が有効に機能する預金保険制度 会社法・金融法
企業内法務の分析と展望:機能強化のための方策と紛争解決における役割 労働法
「公務員労働法」の研究:労働時間・休暇,災害補償,失業補償における一般労働法と公務員法の比較を中心として 労働法

2021年度

論文題目 ゼミ
障害者雇用における合理的配慮概念の再検討:「障害の社会モデル」から見る労働者像 労働法
完成品のアーキテクチャが影響する我が国完成品メーカー・サプライヤー間の調達取引と契約 租税法
税務行政における紛争の予防と解決:納税者と課税庁の協働関係にむけて 租税法
投資信託委託会社の実務慣行の課題と改善策:受託者責任の観点から 租税法

2020年度

論文題目 ゼミ
国際的二重課税排除の将来的展望:近年のユニラテラリズムを題材として 租税法
金融規制法理の含意と銀行ガバナンスの再定義 租税法