学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 一橋大学大学院法学研究科法務専攻(法科大学院)では、豊かな教養と市民的公共性を備えた、構想力ある専門人、理性ある革新者、指導力ある政治経済人を育成するとの理念に基づいて、1.に掲げる能力及び資質等を修得していることを2.で示す方法で確認し、修了の認定を行い、法務博士(専門職)の学位を授与します。

1.修得する能力・資質等

①社会の各分野において、法に関係する指導的役割を担うことができ、幅広い教養を備えた公共的志操の高い法律家の資質を備えていること。

 

②現在の日本社会が抱える法的課題を法律家として積極的に引き受け、それに対する解決策を、現状を十分に踏まえながら法の理念である正義の観点から現状を評価し、場合によっては現状を打破する方向での革新的な構想を現実的な形で提案しうる能力を有すること。

 

③さらに具体化した目標として、(ⅰ)ビジネス法務に精通し、(ⅱ)広い国際的視野を持ち、(ⅲ)豊かな人権感覚を有していること。

2.修得した能力・資質の判定方法

(1)所定の修業年限以上在学したこと。

 

(2)上記目標を達成するために編成されたカリキュラムに沿った教育を受け、各学年次において、進級に際して定められた所定の単位数を修得し、最終的に課程修了に必要な所定の単位を修得したこと。なお、1年次については、進級要件として、進級試験に合格すること及び共通到達度確認試験において教授会が設定する水準の成績を収めていること。

 

(3)必修科目について設定されたGPA基準を充たしていること。