法科大学院長の挨拶

 

一橋大学法科大学院の教育理念

 一橋大学法科大学院は、ビジネス法務に精通し、広い国際的視野を持ち、豊かな人権感覚を有する法律家の育成を目的としています。そのために、千代田キャンパスにビジネスローコースを設け、また英語による授業を含む国際系科目を充実させ、さらには人権クリニックを実施するなどの特色ある取組みを行っています。

 本法科大学院は、一人一人の学生に対して教職員の目が十分に行き届く規模を保ちつつ、教員と学生、職員と学生、修了生と在学生、在学生同士、いずれにおいても緊密な関係を構築して、自由闊達な議論を通じ、互いに高めあってきました。また、実務界と密接に連携しながら、国際的に活躍できる人材に求められる基礎学力の向上にも力を注いできました。

 さらに、法学部における法曹コースの設置及び早期卒業の導入さらには司法試験の在学中受験といった制度変更に対応するため、カリキュラムを見直しました。こうした改革により、早い時期から一気に法曹への階段を駆け上がろうとする人たちのニーズに配慮する一方で、紆余曲折を経て法律学の面白さに目覚めた人たちが法曹への階段に無理なく合流することができるための制度の整備にも努めています。

 2004年の設立以来、本法科大学院は高度な専門知識と幅広い見識をともに備えた多くの法律家を世に送り出してきました。本法科大学院の修了生の中には、法曹界のみならず社会の各所で指導的な役割を果たしている者が少なくありません。本法科大学院で研鑽を積んだ学生が、「法律家として、日本社会が抱える法的課題を引き受け、それに対する解決策を、現状を踏まえつつも、法の理念である正義の観点から、現状を評価し、場合によっては現状を打破する方向での革新的な構想を現実的な形で提案しうる人材」(デイプロマ・ポリシー)に育つよう、教職員一同、今後も、引き続き、全力を尽くしてまいります。  

 本法科大学院の門戸は、多様なバックグラウンドをもつすべての人たちに対して広く開かれています。よき法曹になるという高い志をもち、切磋琢磨しながら共に学んでゆこうとするみなさまとの出会いを心待ちにしております。

一橋大学法科大学院長   
石田剛(民事法専攻)