一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>お知らせ>法科大学院講演会「法整備支援の意義と魅力―ベトナムにおける法分野の国際協力と国際業務―」を開催します。

法科大学院講演会「法整備支援の意義と魅力―ベトナムにおける法分野の国際協力と国際業務―」を開催します。

 一橋大学法学研究科では、世界で活躍できる法曹・法務人材の養成とグローバル・ロー研究の推進を目指し、グローバル・ロー研究センターを設置し、国際シンポジウムの開催や法科大学院生の海外派遣などの事業に取り組んできました。そうした活動の成果の一環として、今年度からは、修了生を海外の法整備支援事業に短期間派遣する取り組みを、新たにスタートさせています。

 このたび、法科大学院生に限らず、大学院生・学部生のみなさんにも海外での法整備支援事業の意義を知っていただくために、講演会を企画しました。講師は、ベトナムで2年間にわたり法整備支援事業に従事し、また現在も日本とベトナムに関わるお仕事を続けておられる上東亘氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業、本学法学部2006年卒業)です。法整備支援事業の意義や魅力について、御自身の経験をふまえてお話しいただくとともに、講演後には、懇談の場も設けたいと思います。

 海外での法整備支援事業に関心のあるみなさんの積極的な参加をお待ちしています。 

日時:平成30年7月4日(水)15時~17時
場所:一橋大学国立東キャンパスマーキュリータワー1階3103教室
講師:上東亘氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業)
内容:法整備支援の意義と魅力―ベトナムにおける法分野の国際協力と国際業務― 

お申込み:7月3日(火)までに以下URLからお申し込みください。
https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/142            

お問い合わせ:一橋大学法学研究科共同研究室 
メール:law-kk.g@dm.hit-u.ac.jp

チラシはこちらをご覧ください。