一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>お知らせ>法学研究科教員が中国人民大学法学院を訪問しました

法学研究科教員が中国人民大学法学院を訪問しました

青木人志法学研究科長、只野雅人評議員、王雲海教授、相澤美智子准教授、竹下啓介准教授の5名が、3月19日に中国人民大学法学院を訪問しました。一行は、学生国際交流や学術交流の今後の具体的な展開について、会談を行いました。当日の様子は、中国人民大学のウェブサイトに掲載されています。

http://www.law.ruc.edu.cn/article/?50958.html

3月21日には、北京の天達共和法律事務所を訪問し、学生の海外エクスターンシップについての意見交換を行いました。

人民大との公式会談

 

天達共和事務所にて