一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

葉懿芳

フリガナ イェイファン 
名前  葉懿芳
読解可能な外国語  日本語、英語、中国語(母国語)
研究テーマ  国際犯罪の処罰における主権国家と国際刑事法廷の関係
キーワード

 ジェノサイド、人道に対する罪、戦争犯罪、国際刑事裁判所、普遍的管轄権、普遍主義、主権

修士論文題目  State’s Judicial Capacity and Universal Jurisdiction on International Crimes of Human Rights:A Case Study of Belgian and Spanish Municipal Laws and Litigations(国際人権犯罪における第三国の司法能力と普遍的管轄権―ベルギーとスペインの国内法を中心に)
博士論文題目  The Relationship between States and the International Criminal Court-Focus on Jurisdiction Principles(Provisional)
業績詳細

【学会・セミナー・研究会報告】
・学会名: ICCLIL 2019: 21st International Conference on Constitutional Law and International Law
・題目: “Subsidiarity Principle in Universal Jurisdiction: A Convenient Policy Consideration”
・発表場所: Hotel  Pennsylvania, New York
・発表年月: 4 June 2019
・査読の有無:有

・学会名: 若手人権問題研究会 東京勉強会
・題目: “How to prosecute the non-refugee:A dilemma of prosecuting undesirable and un-returnable asylum seekers in European states”
・発表場所:法政大学(市ヶ谷キャンパス)・東京
・発表年月:2016年10月1日
・査読の有無:有

非常勤講師等の職歴

•2016/05-07 国際法総論 ティーチング・アシスタント、法学研究科、講義1コマ
•2017/04-07 UN and NGO Teaching Assistant、一橋大学大学院国際・公共政策、講義1コマ
•2018/04-07 UN and NGO Teaching Assistant、一橋大学大学院国際・公共政策、講義1コマ
•2018/09-2019/01 Community Interest Teaching Assistant 一橋大学大学院国際・公共政策、講義1コマ
•2019/09-2020/01 Community Interest Teaching Assistant 一橋大学大学院国際・公共政策、講義1コマ

獲得した研究費 •先端的・実践的研究活動経費、一橋大学大学院法学研究科、次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト、2019年度
•先端的・実践的研究活動経費、一橋大学大学院法学研究科、次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト、2018年度
•先端的・実践的研究活動経費、一橋大学大学院法学研究科、次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト、2017年度
•先端的・実践的研究活動経費、一橋大学大学院法学研究科、次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト、2016年度 
留学経験等

•2019/1 Winter Course on International Law (Certificate)
Organized by the Hague Academy of International Law, the Netherlands
•2017/06-07 Summer School (Certificate)
“International Criminal Law: From Theory to Practice” (organized by University of Leiden, the Netherlands)

備考

【受賞歴等】
•2019年6月: Best Oral Presentation in ICCLIL 2019: 21st International Conference on Constitutional Law and International Law
•2016-2019年東燃国際奨学財団奨学生
•2014-2016年公益法人交流協会奨学生