一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

本庄萌

フリガナ ホンジョウ モエ
名前 本庄 萌
読解可能な外国語 英語
研究テーマ 日・米・欧における動物福祉法の比較検討
キーワード

比較法, 動物法, 環境法, 人と動物の関係, 実験動物, 畜産, 動物虐待
Key words: Comparative Law, Animal Law, Environmental Law, Animal Abuse

修士論文題目

Cosmetic Animal Testing Bans and Japan
化粧品開発における動物実験禁止法と日本への適用可能性

博士論文題目(仮題も可)  「日・米・欧における動物福祉法の比較検討

−−実験・畜産・伴侶動物に関する法律の展開—」

業績詳細 【学会報告】
 【論文】
非常勤講師等の職歴

一橋大学 法学研究科RA Research Assistant (一橋大学 法学研究科, 2015年度)
一橋大学 比較法文化論TA(2015年学部・冬)
日本学術振興会特別研究員 (DC2) (2016年4月〜2018年3月)
帝京科学大学 生命環境学部アニマルサイエンス学科 非常勤講師 (動物福祉関連法規、講義、2016年 4月〜2016年6月)

留学経験等

留学国・学校名: 米国 Lewis & Clark Law School (Environmental and Natural Resources Law LL.M. Animal Law LL.M.)
留学期間:2012年8月~2014年5月
留学国・学校名: ドイツ Goethe University (Protecting the Weak Project)
留学期間:2016年10月〜2016年12月

備考

伊藤国際教育交流財団 奨学生 (2012年〜2014年)
バルセロナ自治大学 動物法と社会研究所研究生 (2013年 6月〜2013年 7月) The Autonomous University of Barcelona, Research Group ADS (Animal Law and Society)
(翻訳)「Zoopolis(仮)」 [訳書] (著者: Sue Donaldson & Will Kymlicka, (共訳者:青木人志(監訳)、成廣孝(監訳)、打越綾子、本庄萌、他3名) 担当部分:第5章「市民としての家畜動物(仮)」 向学社. 現在翻訳中. 2016年度出版予定
(プロジェクトメンバー) Lewis & Clark Law SchoolのKenya Legal Projectのメンバーとしてケニアにおいて研究調査
(Kathy Hessler, Natasha Dolezal, Moe Honjo, and other 7 LL.M., JD, and lawyers) May 16th to 28th 2014.
タイのチュラロンコン大学において開催されたEU研究ワークショップの博士過程部門で優勝
(Moe Honjo, “The EU as World Leader in Animal Welfare: Laboratory Animal Law in the EU and Asia”(動物福祉で世界をリードするEU—EUとアジアの実験動物法)(2016年1月22日)