一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

深澤 一弘

フリガナ  フカザワ カズヒロ
名前  深澤 一弘 (Kazuhiro FUKAZAWA)
読解可能な外国語  英語、ドイツ語
研究テーマ  グローバリゼーションの進展と自由貿易に対する支持の変化
キーワード  国際政治経済、グローバリゼーション、自由貿易、通商政策、埋め込まれた自由主義、保護主義、社会政策
修士論文題目  グローバル化によって生じた課題への対応―日本における社会政策の事例研究―
業績詳細

 学会・研究会報告】
学会名:「日本国際政治学会院生研究会(関東地区)2018年度第1回定例会」
題目:「グローバル化によって生じた社会政策の課題と国家の対応:日本における事例研究」
発表場所:一橋大学
発表年月:2018年7月

【論文】
題目:「グローバリゼーションと社会政策の再構築―日本の事例―」
掲載誌:『一橋法学』 第18巻 第2号(2019年7月刊行予定、掲載決定済)
掲載ページ:未定
査読の有無:有

非常勤講師等の職歴

1.外国人留学生チューター(博士論文)、一橋大学国際教育センター・学務部国際課(2016年11月)
2.ティーチング・アシスタント(教育と経済)、一橋大学大学教育研究開発センター(2018年4月~2018年7月)
3.ティーチング・アシスタント(産業心理学a,b・ジェンダーとキャリア形成・キャリア支援プログラム/キャリアデザイン発展)、東京経済大学(2018年4月~2019年1月)
4.科学研究費技術員(高等教育をめぐるモビリティーと教育費負担構造の変容に関する理論と実証研究)、一橋大学森有礼高等教育国際流動化機構(旧・一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター 2018年7月まで)(2018年6月~)
5.ティーチング・アシスタント(Japan’s Foreign Policy Making I)、一橋大学国際・公共政策大学院(2018年9月~2019年1月)
6.リサーチ・アシスタント、一橋大学法学研究科(2019年2月~2019年3月、2019年7月~)
7.ティーチング・アシスタント(現代国際社会と政治)、一橋大学法学部(2019年4月~2019年5月)
8.ティーチング・アシスタント(政策分析の技法I)、一橋大学国際・公共政策大学院(2019年4月~2019年7月)

獲得した研究費

次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト「先端的・実践的研究活動経費」、一橋大学大学院法学研究科、2018年度、2019年度

備考

 【受賞歴
「横浜経済学会賞(本行賞)・佳作」、横浜経済学会、(2016年3月)

 【社会的活動】
「日本国際政治学会院生研究会(関東地区)運営委員」、(2017年4月~)

保有資格
・中学校教諭一種免許状(社会)
・高等学校教諭一種免許状(公民)