一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

吉田聡宗

フリガナ  ヨシダ アキムネ
名前  吉田 聡宗(YOSHIDA Akimune)
読解可能な外国語  英語、独語
研究テーマ  「人/物」二元論の再考
キーワード  比較法学、英米法、動物法、ロボット法
修士論文題目  動物の法的地位に関するファーヴル理論の検討―日米法の比較考察―
業績詳細 【学会報告】
学会名:Student Forum of the 10th China-Japan University Presidents Conference
題目:Law After the Learning Revolution
発表場所:東北大学(瀋陽)
発表年月:2017年10月

学会名:2018 International Forum of Law School Students
題目:Legal Categorization of Artificial Intelligence: Is AI a Legal Person, Property, or Something Else?
発表場所:中国人民大学法学院(北京)
発表年月:2018年6月

学会名:動物実験の社会的利益を得るための情報発信のあり方についての研究(日本学術振興会科学研究費平成28年度基盤C)第3回研究発表会
題目:法学者フェイヴァーの動物実験に関する見解
発表場所:順天堂大学軽井沢セミナーハウス
発表年月:2018年7月

学会名:動物実験の社会的利益を得るための情報発信のあり方についての研究(日本学術振興会科学研究費平成28年度基盤C)第4回研究発表会
題目:1860 年代のニューヨーク州動物虐待防止法とその運用について―アメリカ動物法の「原風景」を訪ねて
発表場所:成城大学
発表年月:2019年2月

【論文発表】
題目:動物の法的地位に関するフェイヴァー理論の検討 ― 「人/物」」二元論の再考に向けて ―
掲載誌・掲載ページ:一橋法学18巻1号215-271頁
査読の有無:査読有
発表年月:2019年3月
非常勤講師等の職歴 一橋大学「比較法文化論」TA(2016年9月~2017年1月)
一橋大学留学生チューター(2017年5月~2018年2月、2018年12月~2019年1月)
一橋大学修士論文チューター(2018年12月~2019年1月)
帝京科学大学「動物福祉関連法規」非常勤講師(2019年4月~8月)
一橋大学法学研究科リサーチアシスタント(2019年7月~2020年3月)
獲得した研究費 先端的・実践的研究活動経費、一橋大学大学院法学研究科、次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト(2018年度・2019年度)
留学経験等 カリフォルニア大学ロサンゼルス校歴史学部交換留学(2011年9月~2012年6月)