一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

吉岡郁美

フリガナ  
名前 吉岡郁美、Yoshioka Ikumi
読解可能な外国語 英語、ドイツ語 
研究テーマ ドイツの記念物保存法制
キーワード 行政法、文化財保護法 
修士論文題目 ドイツ記念物保存法における第三者保護の様相 
博士論文題目(仮題も可) 中間的利益に対する法領域横断的な研究―文化財の保護にまつわる利益を手がかりとして
業績詳細

【学会報告】
学会名:行政判例研究会
題目:鎌倉市開発許可取消訴訟
発表場所(国内か国外か):第一法規株式会社(国内)
発表年月:2016年10月


【論文】
題目:「開発行為に関する工事が完了し検査済証が交付された後においても開発許可取消しを求める訴えの利益は失われないとされた事例」
掲載誌:自治研究第93巻第6号135頁―146頁
査読:無
発表年月:2017年6月

 
非常勤講師等の職歴

平成26年9月~平成27年9月 外国人留学生チューター指導員
平成26年10月~平成28年3月 研究補助員(修士在学者)
平成28年4月~平成29年3月   研究補助員(博士在学者)
平成28年5月~        Global Future Leading Jurists(RA)
平成28年7月~        科学研究費アシスタント
平成28年10月~平成29年3月 総務省自治大学校演習指導研究員

 
獲得した研究費 次世代プロジェクト・研究活動費支援、平成28年度・平成29年度、各年度20万円
留学経験等 ゲーテ・インスティテュート(2017年) 
備考