一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>博士課程所属学生の紹介

史明洲

フリガナ シ メイシュウ
名前 史 明洲 
読解可能な外国語 中国語(母国語)、日本語、ドイツ語、英語 
研究テーマ  日・独・中における強制執行制度の比較研究
キーワード  財産開示、執行機関による財産探索、間接強制、苛酷執行、和解的執行、執行ADR
修士論文題目  「公的サービスとしての民事執行手続―中国モデルの経験と教訓」
博士論文題目(仮題も可)

「強制執行手続における債権者保護と債務者保護」

業績詳細  ① 学会報告の場合:学会名、題目、発表場所、発表年月 等

 

民事訴訟法青年論壇(中国民事訴訟法学会主催)

「訴訟物概念の方法論的考察―日本法・ドイツ法・EU法の比較」

河南大学(中華人民共和国開封市)

2016年10月(予定)

② 論文発表の場合:題目、掲載誌・掲載ページ、発表場所、査読の有無、発表年月 等

「馴合訴訟における訴外第三者の救済」『民事手続法研究』(中国民事訴訟法学会誌)2015年11月号、73-87頁。

非常勤講師等の職歴 一橋法学法学研究科RA(2011年度、2012年度) 
留学経験等

ドイツ・ゲッティンゲン大学
2012年7月―2012年9月 

備考  中華人民共和国司法試験合格(2009年度)