一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト

次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト-研究者教員育成サイクルの構築-

一橋大学大学院法学研究科は、法科大学院の設置及びグローバル化の進展等の法学研究・法学教育を取りまく環境の変化を踏まえ、文部科学省の予算措置及び一橋大学本部・大学基金の支援により、平成27年度から「次世代の法学研究者・法学教員養成プロジェクト」を実施しています。
  本プロジェクトは、法学研究科博士後期課程における研究基盤・研究環境等を整備し、将来の法学研究・法学教育を担う法学研究者の持続的な養成を目的とする事業です。本プロジェクトにおいては、GFLJの採用、研究活動経費の支給、海外派遣費用の支援及び外国語教育の強化等により、博士後期課程学生に対して充実した研究指導体制を構築し、次世代の法学研究者・法学教員の養成を目指します。 
  なお、本プロジェクトによる各種事業においては、その趣旨・目的が次の時代を担う法律学(特に実定法学)の研究者・教員の養成であることを踏まえ、法科大学院を修了して博士後期課程に進学し、法律学(特に実定法学)を研究課題とする者を優先します。