一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>法学部>法曹コース

法曹コース

法曹コース  「法曹コース」説明会  一橋大学法学部は、2020年4月より、従来の「法学コース」「国際関係コース」に加え、新たに「法曹コース」を新設する予定です。 
 この「法曹コース」は、一橋大学法科大学院と連携し、法曹をはじめとする法律家を志す法学部生の皆さんに、より効果的な一貫した教育を提供することを目指すものです。

 「法曹コース」は、2019年4月入学の法学部新入生の皆さんから、登録が可能となる予定です。コースの詳細については、今後、説明会や本ウェブサイト等を通じて、お知らせをしていきます。弁護士・裁判官・検察官、その他法律家の道に関心のある方は、学内での説明会に参加するとともに、このウェブサイトを定期的に確認するようにして下さい。

*一橋大学法科大学院とは...
  一橋大学大学院法学研究科法務専攻(法科大学院)は、一橋大学研究教育憲章が掲げる、「豊かな教養と市民的公共性を備えた、構想力ある専門人、理性ある革新者、指導力ある政治経済人を育成する」との教育理念を受けて、社会の各分野において、法に関係する指導的役割を担うことのできる人材、幅広い教養を備えた公共的志操の高い法律家の育成を目指しています。一橋大学法科大学院修了生の司法試験累積合格率は81.50%(平成17~29年度修了者)で、全法科大学院中1位です。

一橋大学法科大学院の一貫型教育選抜

 「法曹コース」に登録し、一橋大学法科大学院への進学につき所定の要件を満たした方は、同法科大学院の入学試験において筆記試験(法律科目試験)の免除を受けることができます。

法学部3年+法科大学院2年/法学部4年+法科大学院2年

 一定の要件を充足すれば、法学部を3年で卒業し、法科大学院既修者コース2年の教育過程、司法試験を経て、最短5年ほどで司法修習生となることも可能です。 他方、法学部在学中に交換留学を志す方も、自分のペースで勉強を進めたい方も、「法曹コース」から法科大学院へ進学する途をあきらめる必要はありません。法学部に4年在学する場合でも、所定の成績を収めれば、一橋大学法科大学院の一貫型教育選抜の対象となります。