HOME > 修士課程 > 中窪 裕也

教員紹介


教員紹介

教授 中窪 裕也 Hiroya Nakakubo

学歴
1980年3月
東京大学法学部卒業
1990年6月
ハーバード・ロースクール LL.M.課程修了
職歴
1980年4月
東京大学法学部助手
1984年4月
福岡大学法学部専任講師
1988年4月
同助教授
1988年10月
千葉大学法経学部助教授
1997年11月
同教授
2004年4月
九州大学大学院法学研究院教授
2007年4月
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
2018年4月
一橋大学大学院法学研究科教授
主要著作

労働法の世界〔第12版〕(共著、有斐閣、2017年)

ケースブック労働法〔第4版〕(共著、有斐閣、2015年)

アメリカ労働法〔第2版〕(弘文堂、2010年)

国立大学法人の労働関係ハンドブック(共著、商事法務、2004年)

アメリカの非典型雇用(共著、日本労働研究機構、2001年)

労働法ロールプレイング(共著、有斐閣、2000年)

 

<翻訳>

<英文>

<最近の論文>

  • 「男女の雇用平等とアメリカ法―新たな年の課題」 Work & Life 世界の労働 2018年1号2-9頁、2018年
  • 「団体行動権の意義と構造」、「不当労働行為制度の趣旨・目的」講座労働法の再生・第5巻『労使関係法の理論課題』141-155頁、217-236頁、日本評論社、2017年
  • 「アメリカの労使関係法制における1950年と現在」季刊労働法257号59-67頁、2017年
  • 労働組合法、2つの立法過程と史料研究」ビジネス・レーバー・トレンド2016年4月号3-7頁
  • 「アメリカにおける未組織労働者の新たな闘争戦術と労働法理――ウォルマート、ファストフードのストライキ」季刊労働法251号143-149頁、2015年
  • 「アメリカにおける「ひび割れた職場」(fissured workplace)の議論と労働法の課題」季刊労働法250号109-115頁、2015年
  • 「昭和24年労働組合法の立法過程と不当労働行為制度 −−アメリカ化の圧力、反作用、断裂」日本労働法学会誌125号42-61頁、2015年
  • 男女雇用機会均等法30年の歩み」DIO(連合総研・月刊レポート)303号4-7頁、2015年
  • 「労働組合法1 条1項および憲法28条の立法過程に関する若干の素描」毛塚勝利先生古稀記念『労働法理論 変革への模索』669-693頁、 信山社、2015年
  • 「労働時間規制「改革」の動向と課題」法律時報87巻2号32-38頁、2015年
  • 「アメリカ全国労働関係法における被用者の権利−−NLRBのParexel International事件(2011)を素材として」菅野和夫先生古稀記念論集『労働法学の展望』595-616頁、有斐閣、2013年
  • 労使紛争の現状と政策課題−−法律学の立場から」日本労働研究雑誌631号19-26頁、2013年
  • 「解雇の法的規制」野田進・野川忍・柳澤武・山下昇編『解雇と退職の法務』21-40頁、商事法務、2012年
  • 「戦前の労働組合法案に関する史料覚書」渡辺章先生古稀記念『労働法が目指すべきもの』207-226頁、信山社、2011年
  • 「労働法制の10年とこれから」ジュリスト1414号158-163頁、2011年

<コラム>

社会的活動

中央労働委員会公益委員

中央最低賃金審議会公益委員

労働政策審議会臨時委員(雇用環境・均等分科会、職業安定分科会等)

司法試験考査委員(労働法)

研究分野

労働法